薦田典佳 |起業では資金はいくら必要なのか

薦田典佳 |起業では資金はいくら必要なのか

起業する際に必要だと思うものは「お金」です。

開業資金や、起業資金のために数百万は用意しなくてはいけないという強いイメージがあります。

実際起業費用はどの程度なのでしょうか。

株式会社を設立するときにはいくらかかる?

株式会社の設立費用として必要なお金は、役所に支払う実費「242,000円」が最低限必要です。

定款にはる収入印紙代も含みます。

株式会社設立費用の内訳

  • 定款の認証手数料:50,000円
  • 定款の謄本手数料:2,000円
  • 設立にかかる登録免許税:150,000円

は基本的にかかります。

もちろんこの基本料金を用意しただけで株式会社は設立できません。

会社用の実印作成費用、印鑑証明取得費用、登記簿謄本の発行費用などの雑費も生じます。

また忘れてはいけないのが資本金です。

株式会社を設立するためには資本金が必要です。

実際は1円以上から設立できますが、ある程度の資本金がないと銀行が信用をしてくれない場合もあるため、平均額の300万は用意しておいたほうが安全です。

このように、起業をして株式会社を設立するためには、最低限242000円から、資本金を含めた300万は必要になります。

300万というと日本人のサラリーマンの年収に相当しますので、なかなか用意するのは難しいと感じるかもしれません。

起業のためにコツコツ貯金をするのなら一体いつになるのやら、と感じてしまい起業にハードルが高いと思う人もいらっしゃると思います。

起業のための資金用意がハードルに感じる方は、まずは「個人事業主」としてスタートするのがおすすめです。

個人事業主開業の費用とは?

個人事業主として企業するためには、2つの書類を行政に提出するのみです。

  • 個人事業の開業・廃業等届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書

これらの届け出を提出する際にかかる費用は0円です。

つまり届け出さえ出してしまえば、事業所得は青色申告ができ、屋号を持つ事ができるようになるのです。

いきなり株式会社を設立するには、費用面がちょっと・・・・・という方は、まずは個人事業主としての開業からスタートする事がお勧めなのです。

コメントは受け付けていません。